究極の減量法|アナタもダイエット成功者の一人になる

ダイエット

いつも考えてしまいます

こんな人が多いです

お腹

ダイエットという言葉を、テレビや雑誌で見ない日は あまりありませんね。 美しくありたいと思う女性は、いつも頭の中にダイエットの事があるのではないでしょうか。しかしダイエットは、簡単に結果の出るものではありません。食べたいもの我慢したり、慣れない運動をしたりしてやっとです。それでもなかなか結果が出ないことも多いです。なぜ、ダイエットをするのか。見るからにダイエットの必要はなく、スリムな若い女性でもしています。「細い方がいいに決まってる」「細い方がかわいい洋服を着られる」と、漠然とした理由で続けているのです。男女ともに太りすぎは良くありませんが、特に女性はある程度の脂肪はついていた方がいいのです。女性には毎月、月経があります。卵巣から排卵し、新しい命を宿す準備をしているのです。しかし、ダイエットで体重を落としすぎると、体は危機を感じます。体は生きるために必要な活動の為に、優先的にエネルギーを使います。健康に生きる事が出来なければ子孫は残せません。エネルギーが足りなくなると、生きる為にすぐには必要ではない物からストップしていきます。妊娠の為に必要な排卵、艶やかな肌、コシのある髪などです。お気づきですね、女性なら誰もが大切に思っているものばかりです。これではなんのためにダイエットしているのかわかりません。では、どうしたらキレイで健康的にいられるのでしょうか。そうですね、女性にとっての大切な事を維持しながらダイエットするのです。急なエネルギーや栄養の不足は避けるのです。

日々の積み重ねです

お腹回りにお肉かついてきたな、太ももが気になる、などはいつからでしょうか。昨日や今日ではありませんね。ジワジワと、食べ過ぎや運動不足により蓄積されてきているはずです。ジワジワとついてきたお肉はジワジワと落としていきませんか。これなら急なダイエットによる辛さもリバンドも起こりにくいです。サプリメントや置き換えなど、ダイエットには色々な方法があります。しかし、やはり手間もお金もストレスもかからない、「ちょっとだけ我慢する」という方法をとる方が多いように思います。あとちょっと食べたいけどやめておく、疲れているから車で行きたいけど少しなら歩く、などです。ひとつひとつは大きな努力や我慢は要りませんが、気軽に実践できる事はやはり人気が高いようですね。これらの事を無意識に続けている人もいそうですね。そのような人はあまり脂肪がつかないかもしれません。「そんなのいつもやってるけどやせないし、太る一方だよ」と言う人はいませんか。そのような人は代謝が落ちている可能性があります。年齢的にだったり、動くのがおっくうであまり動かない、運動不足で筋肉が落ちている、などです。そのような人は少し意識を高めましょう。「筋肉の元となるタンパク質を多目に食べる」「ダラダラではなく、胸を張って颯爽と歩く」「口寂しいからと食べていたおかしを少し控える」がおすすめです。思いきった食事制限やきつめの運動も時にはいいかもしれません。しかし、長く細く続ける事が一番の近道だと思うのです。